住宅ローン借り換えVol.2 (税務署に贈与税の確認)

前回の続きで、
住宅ローン借り換えによって贈与税が発生するのか、税務署へ電話してみることにしました。

僕「ちょっとお聞きしたいのですが、現在住宅ローンの借り換えを検討していまして、借り換え予定の銀行から贈与税が発生するかもしれない。とのことで税務署に確認してほしいと言われまして。」

税務署「住宅ローンの借り換えを検討中ですね。」

僕「はい。今借りている住宅ローンですが、当時僕だけの収入だと希望額が借りれなかったので、嫁さんと収入合算して借りていまして。」

税務署「それであれば、通常贈与税が発生します。持分などはどうなっていますか?」

僕「持分はすべて私です。」

税務署「月々の支払いはどう分担されていますか?」

僕「希望額を借りるために収入合算しただけなので、月々の支払いは全て私です」

税務署「奥様が支払いをしていないのであれば、贈与税は発生しません。」

僕「贈与税はかからないのですね。(ほっ・・よかった)」

という感じで話は終わりまして、
贈与税はかからないとのことでした。
電話する前にネットで調べていたら、贈与税問題は良くある話みたいで、
当時、家の持分を決めるときに、特に何も考えずに決めたのですが
のちに借り換えをするなら、お金を借りるときに考えておかないといけない問題なのだな。。。
たまたま問題なく終わったからよかったけど・・・

借り換え予定の銀行(住信SBI)にも、このことを伝え
あとは、正式審査の結果を待つのみ。

レスポンシブ広告テスト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)