10/16 着工92日目(設備打ち合わせ)

DSC02449.jpg
DSC02451.jpg
DSC02439.jpg
DSC02475.jpg
今日は10時から設計打ち合わせでした。
設計事務所の方2人、工務店の方2人と僕とで計5人。
外壁となる杉板が外に置いてあったので、そろそろ外壁作業なのかな?と
思っていたら作業は来週からだそう。
台風の影響で遅れているのと、消費税増税前の工事需要で大工さん達が引っ張り合いらしい。
外にあった杉板を壁に合わせてみたものの、自分でもイマイチイメージできない。
というか、これが外壁になったらどうなるんだろう?と期待と不安が半々だ。
自分で選んで決めたものなので、絶対良くなるはず!。と信じるのみ。いや、絶対良くなるんだ。
近々、大工さんが1人増えるようで、増えた大工さんが外壁を担当するようだ。
今の大工さんは中の工事をするようで、2人体制で進めるそう。
打ち合わせのほうは、設備の収まりの微調整、搬入についての部分でした。
満足度で言えば30%くらい。
というか、不満の残る打ち合わせだった。
お風呂の収まりの問題で、追加で施主支給しないといけないものが出てきた。
あと、木製サッシの鍵についても、予定していたものは使えないそうで
変更に追加費用が発生するようだ。
最初に設計図面を見てるんだから、もうちょっと早くわからないのかな?と正直不満。
あと、予定していたシーリングファンについても、海外から直輸入だと操作に誤作動がでるかもしれない。
ということで、今確認してもらっている最中。
(代理店を通せば、日本対応用に基盤部分を出来る?出来ない?やらなんやら)
また納期も11月10日までに納品しないといけない、ということから
納期が間に合わないうんぬん・・・
んん??って感じ。
これに関しては、もうちょっと早く確認しておけば問題なく(問題があったら変更するしかないので)進んだことでしょ。と思う。
ただ、誤作動が出るといわれると、自分で輸入するリスクは大きいので
代理店の答えを待つしかなくなってしまった・・な、と。
設計事務所の方はがんばってくれてるのは十分伝わってくるので、
あまり文句を言いたくはないのだけど、今回の結果については不満だった。
打ち合わせはそんな感じだった。
あと、今日打ち合わせ前に、外壁の防水下地(黒いシートの)社長が
現場まで視察に来ていたようだ。
外国の人(ドイツ人だったかな)が社長のようで、日本語も堪能だったらしい。
残念ながら会えなかったが、わざわざこんな田舎まで見に来てくれたのはうれしいな。

レスポンシブ広告テスト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする