外壁のバーナー焼き作業

家作りで、どうしてもこだわった部分で「外壁」がある。
もともとこの外壁を見て「ここの設計事務所にお願いしよう」と決めたこともあり
無理を言って、この外壁にしてもらった。
予算の関係上、「作業は自分たちでしてください」ということになったので、
8/11に作業をしてきたのでそのことについて書きます。
(あまり細かくかくとまとまらないので、手順&感想をずらずらと)
DSC01467.jpg
↑手順1.杉の板を片面の端をバーナーで焼く
感想:バーナーの迫力が思った以上でビックリした。イメージでは理科実験室とかにあるバーナーだったので、それとはまったく違うものだった(今考えればそりゃそうだな。と思うのだけど)
DSC01442.jpg
↑手順2.板の端を焼いてます
DSC01452.jpg
↑手順3.焼いた杉を並べる
DSC01460.jpg
↑手順4.板の表面をバーナーで焼く(焼いた面が外壁の表面)
感想:地面の温度は80度近くに。向きによっては熱風やらで無茶苦茶熱い。息できないので注意。
向きさえ気をつければ、熱いなー程度。(だが、真夏には非常につらい作業だった)
DSC01454.jpg
↑手順5.焼いた板を水に一度つけてから乾かす。
DSC01469.jpg
↑手順6.乾いたら元の位置に重ねて保管する
IMG_9392.jpg
↑ひたすら手順1~6を繰り返す(作業風景
1003532_201612280000273_958108629_n.jpg
↑手順1~6を繰り返して、こんだけの枚数になりました。全部で6000枚。
DSC01484.jpg
↑完成
両親、設計事務所、工務店に手伝ってもらい総勢13名くらいで作業をして
朝の8時~16時30までかかりました。
残り半分くらいには「こんなことしてたら死ぬ」かもと思うくらいの
暑さで、若干熱中症になっていたと思う。(翌日はまったく動く気にもなれなかった)
自分で言うのもなんだけど、僕が一番働いてなかったと思う。
とりあえず両親、設計事務所、工務店の方には本当に感謝。
タダ働きになってしまった分、いい家を建てて広告でもなんでも使ってください!
という気持ちです・・(苦笑)
■完成イメージ(設計事務所の外壁)
007.jpg
▼今回かかった費用
—————————————–
プロパンガス代 19000円
ジュース代 3000円

レスポンシブ広告テスト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする