工務店との契約

地鎮祭が終わった後、そのまま近くのファミレスにて工務店との契約を結びました。
約款の説明を聞いて、印鑑を押して完了。
契約書が厚みで言えば辞書並みだったのにはビックリ。
(中を見たら、見慣れた図面やら見積もり書やらが入っていたので、
 そりゃこれ全部となるとこれくらいになるなーと納得)
契約印を押す前に、往生際が悪いというか、気になったことを一通り確認。
Q.建てている最中に倒産したらどうなるか?
A.保障されません(施主側のリスク)。保障される保険があるのでもし必要でしたらそれを加入されるのをオススメします。(10万くらいとのこと)(工務店)
Q.(義務づけられているJIO保険)で保障できる内容は主に水漏れですか?
A.はい、大体がそうです。(工務店)
Q.外壁が割れてきた場合など保証されますか?
A.保障されません。外壁が割れて水が入ってきたなどになった場合は保証されますが、機能に問題がなければ保障されません(建築事務所)
Q.工事は毎日ありますか?
A.日曜とお盆休み以外は、毎日入る予定です。管理者3名のうち1名は必ずいるようにします(工務店)
A.定例で月曜日は見に行きます。(建築事務所)
あとは、建築中は工務店のほうで保険をかけているので何か合った場合保障されるが、
完了検査をした後は、すぐ火災保険に入ってもらわないと
保険の入っていない状態になってしまうので気をつけるようにとのこと。
(ローンの関係上先に完了検査を受けて、実際の完成はそれから1ヶ月くらいかかる)
とのこと。
明日からいよいよ着工です。
1年、草に覆われてる状態しか見てないので、今後の変化が楽しみ。
仕事終わってからなるべく見に行くようにしよう。

レスポンシブ広告テスト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする